採用

採用を成功させるためには3つのことが必要です。

①お金、②時間、③工夫です。

①は求人広告や合同説明会の費用、人件費などです。②は求職者の人が企業に対して接触する頻度や時間です。③はその会社独自の特徴や強みなどを活かし、差別化する方法です。

中小企業の採用には③が一番重要です。もちろん可能であれば①や②にも力を入れたいですし、力を入れなくても最低限コストは必要です。

なぜ③を重視するかというと、①や②で力を入れても資金や人員が限られている中小企業では大企業に勝てないからです。

差別化による工夫は何をすれば良いか。客観的な視点で見れば色々出てくるはずです。経営者の個性、働き方、立地、スタッフ、趣味、サービス内容、取引先と様々な要素があります。

単体で見るだけでなく、例えば趣味×取引先という掛け合わせで、実は取引先の担当者(経営者)は〇〇が趣味の人ばっかりで、〇〇が好きな人は営業に活かせます!といった工夫もあります。

自社の状況を一つ一つ客観的に見直すことで、思わぬ強みも出てくるかもしれません。自社だけでは客観的な視点に立つことは難しい場合もあるので、そのときにコンサルタントなどの第三者の視点が役に立ちます。

今現在、求人広告会社等に依頼している方は担当者に相談してみるのもよいでしょう。成果を出す採用をするためにも、一度自社の採用を見直してみてください。

お問い合わせ